ニュース
ニュースの区分
Loading

泰州市委員会組織部長曹衛東一行は中智電力を調査した

泰州市委員会組織部長曹衛東一行は中智電力を調査した

  8月7日午前、泰州市党委員会常務委員、曹衛東組織部長一行は、顧剛市党委員会常務委員、鞠林紅市党委員会組織部長に同行し、中智(泰興)電力科技有限公司に調査指導を行った。

  会社の理事長の彭徳香氏は、調査研究の指導者に、会社の科学技術革新の特色、会社の成長履歴及び会社の将来の発展見通しを紹介した。

 

55

 

  張聞斌技術総監督は高効率異種接合太陽電池生産ラインの生産プロセス、技術優勢と生産能力を詳しく紹介した。

 

55

 

  チョ部長など、指導詳しく聞いた効率的な異質な结電池量産事業は業界の役割や会社の未来を率いる戦略企画、革新で智電力業界の役割に対する肯定的に、十分希望で智電力として国内早ければ、最大生産能力、コストの最低の異質な结太陽電池事業の効率革新発展の業種のモデルになることができるか。曹部長は次の段階で、高級人材の導入と企業の将来の発展に政策面での支持を提供し、中智電力が企業の総合的な実力を絶えず高め、業界での地位を高め、地域経済の発展と新エネルギーの太陽光発電事業を促進するために更に大きな貢献をすることを望んでいる。

Back