ニュース
ニュースの区分
Loading

市委員会張育林書記が調査した中智電力

市委員会張育林書記が調査した中智電力

  11月6日午前、泰興市委員会の張育林書記、常務副市長の劉栄華一行が中智電力の調査を行った。調査には市経済情報委員会、科学技術局、環境保護局、安監局、金融弁公室、人民銀行などの部門の主要責任者が参加し、高新区の陳斌主任が調査に同行した。

 

55

 

  中智電力董事長の彭徳香氏と張育林書記は会社が2019年に直面する発展情勢、発展対策、協調解決すべき問題などについて深く交流した。張書記は特に、「5・31」ニューディールがチュンジにどのような影響を及ぼすのかを尋ねた。中智はどんな対応を取っているのか?彭董事長は張書記に次のように説明した。中智電力は積極的に国家政策の呼びかけに応え、HJTの先進的な性能、電池ユニットの無減衰、明らかな度電コストなどの優位性を十分に発揮している。市場化無補助光伏モデルプロジェクトの建設に積極的に参与し、国家財政補助金の圧力を緩和し、ユーザーの横平価格のネット利用目標の実現を推進することに貢献した。張書記は高い評価を与え、中智電力の「天下先に決死する」という進取精神を賞賛した。

 

55

 

  関係者は張書記一行に中智電力発展の現状、製品開発、技術革新などの状況を報告した。中智電力の異質な太陽電池の転換効率が再び(平均効率>22.8%)を突破し、今年は23%に達することが期待されている。張書記は非常に満足し、中智電力が再び加速していることを激励している。

Back