ニュース
ニュースの区分
Loading

太陽光発電は養殖業で利用されている

太陽光発電は養殖業で利用されている

  太陽光発電は多くの分野で応用されており、例えば養殖業での応用が比較的多く、しかも応用価値が非常に高く、伝統的な設備応用方式を破り、以下の文章はみんなに詳しく太陽光発電の養殖業での応用を説明して、みんなはいっしょにちょっと見てみよう。

  光の動物に対する重要な意義は、植物とその他の環境要素の動態を影響することによる間接的な関係である一方、主に信号作用を果たし、動物の行為と生理に大きな影響を及ぼす。場合によっては動物の生活に必要な環境因子の一つである。日光は、働物への影響も明らかです。日光は動物の体色に影響を与える。例えば、多くの魚は体の背中の色が濃く、腹部が浅いことが日光の照射につながる。日光は動物の生長発育にも影響する。ある人は、アブラムシを連続無日光条件下で培養すると、発生した個体のほとんどが翼を持たないという実験をしたことがある。アブラムシを明暗交代の条件で培養したところ,発生した個体の多くが翼を持っていた。しかし、光の動物への深い影響は多くの面でまだ十分に理解されていない。光の有機体への作用は直接的であるかもしれないし、間接的であるかもしれないし、他の環境因子への影響を通じて作用するかもしれないからである。

  太陽光発電——魚の養殖池に光伏アレイを架設することもでき、養殖池は魚の養殖を継続することができ、光伏アレイは養殖に良好な遮蔽作用を提供でき、新エネルギーの発展と大量占用地の矛盾を比較的に良く解決し、農業施設と魚の養殖池に分散型太陽光発電システムを設置できる。

  「漁光相補」という新しい発電形態は,上層は太陽光発電,下層は水産養殖に利用されている。ソーラーパネル支柱は水面上や魚塘沿岸に立体的に配置されているため,貴重な農業,工業,住宅用地を占める必要はない。これは土地を節約し、単位面積の土地の経済価値を高め、発電と同時に水産養殖にも影響を与えず、「一地両用、漁光相補」の特徴を持ち、社会的利益、経済的利益と環境利益のウィンウィンを実現した。

Back