ニュース
ニュースの区分
Loading

中智(泰興)電力科技有限公司第二期(プラント及び設備)の着工を熱烈に祝います

中智(泰興)電力科技有限公司第二期(プラント及び設備)の着工を熱烈に祝います

热烈祝贺中智(泰兴)电力科技有限公司二期(厂房及配套设施)开工
 
  色とりどりの旗が舞い上がり,祝砲が鳴り響く。3月16日午前10時18分、中智(泰興)電力科技有限公司第二期(プラント及び設備)プロジェクトが正式に着工し、中智と合作企業1.3GW異質結太陽電池生産ラインが正式にスタートした。
 
热烈祝贺中智(泰兴)电力科技有限公司二期(厂房及配套设施)开工
 
  同日のプロジェクト着工式参加のリーダーシップのゲストは泰興市高新区建陈斌主任、润峰グループ徐兆峰理事、周浪昌大学のインストールは研究院長、永远のグループ丁尚云理事、爱に科(上海)有限会社、ドイツ新グラスグループ、韓国anp会社や関連の協力ベンダー単位など。
 
  彭徳香総裁の挨拶は中智二期プロジェクトの起工式への参加に感謝し、社会各界の中智への関心と支持に感謝する。彭総は中国とチリのプロジェクト状況を紹介し、同時に国家科学技術部の重大プロジェクトとして中国とチリ1.3GW異質結太陽電池プロジェクトのスタートは、太陽光発電産業の発展と構造改革に大きな推進作用があると述べた。
 
  高新区陳斌主任の挨拶によると、泰興市政府は中智二期プロジェクトの着工を熱烈に祝い、高新区の重点発展の高新技術企業として、中智プロジェクトの投資は体量が大きく、産業のリードが強く、科学技術の含有量が高く、プロジェクトの完成は必ず高新工業の発展を推進する。園区はサービス至上の趣旨をしっかりと覚えて、大いに安商富商の雰囲気を作り、全力でプロジェクトのサポートをしっかりして、積極的に介入して、全力で協調して、産業のために困難を解決する。泰興市政府は、これまでのように中国とチリの発展を全面的に支援し、太陽光発電産業の発展を積極的に推進する。同時に陳主任は関連企業の泰興発展を歓迎すると表明した。
 
  苏邦建設、愛発科グループ、永遠グループは施工側と代表企業の挨拶として、中国と中国の二期プロジェクトの着工を熱烈に祝います。
 
热烈祝贺中智(泰兴)电力科技有限公司二期(厂房及配套设施)开工
 
  中智(泰興)電力科技有限公司は2016年5月に設立され、資本金は5億元。会社負担の効率的な異質な结太陽電池産業化科技部863種目は国家計画先進エネルギー技術分野の新型太陽電池でテストや前進技術の重大プロジェクト-『mw級フィルムのシリコン/结晶シリコン異質な结太陽電池産業の重要技術』、科技部、工信部は、重点支援の産業化事業にも国家十三五発展計画の重大プロジェクト。主に太陽光発電技術の開発、太陽電池モジュール及び補助材料の開発、生産、販売などを行っている。会社は総57億元の投資を計画し、768ムーの土地を所有していた。そのうち最初の建設計画用地は250ヘクタール、15の生産ラインを建設し、25億元を投資した。現在、第一期に2本の高効率異種接合太陽電池の生産ラインを完成し、量産に投入し、年産エネルギー160MW、平均変換効率≧22.5%、2018年末に平均変換効率が23%、最高≧23.5%に達する予定である。二期プロジェクトは2019年5月までに1.3GWの異質結太陽電池生産ラインと関連設備を建設し、2019年の下半期に全面的な量産を目指す。また、産業技術を絶えず高め、産業発展を加速し、太陽光発電産業の構造改革を推進する。
Back