企業発展
Loading

二期工事の起工式

二期工事の起工式

中智(泰興)電力科技有限公司二期工事の起工式

 
  カラフルな旗が飛んで、礼砲を空に発射しました。 3月16日午前10時18分、中智(泰興)電力科技有限公司の第2期工事(工場および関連施設)が正式に起工され、中智会社が連携企業との1.3GWヘテロ接合太陽電池生産ラインが正式に開始されました。
 
  当日にプロジェクト起工式を参加したリーダー及び顧客が以下のように:
  泰興市高新区主任 陳斌様
  潤峰集団取締役 徐兆峰様
  南昌大学太陽光発電研究院院長 周浪様
  永恒集団取締役 丁尚云様
  愛発科(上海)有限公司
  ドイツSINGULUS集団
  韓国ANP会社及び他の関連サプライヤー会社等。
 
  会社の董事長 彭德香(ポン・ドーシャン)は、中智(泰興)電力科技有限公司の第2期工事の起工式に参加してくれた皆様に感謝し、今までの社会の各界のご関心と支援に感謝意を表しました。 彭德香(ポン・ドーシャン)董事長は中智プロジェクトの状況を紹介する同時に、国家科学技術部の主要プロジェクトとして、中智の1.3GWヘテロ接合太陽電池プロジェクトの立ち上げは、太陽光発電産業の発展と構造改革を大きく推進できる事を述べました。
 
  泰興市高新区主任陳斌様はプロジェクトの第2期の建設開始に心からお祝いの言葉を述べました。高新区の開発に焦点を当てたハイテク企業として、中智プロジェクトは投資量大、強力な産業リードー力があり、ハイテクコンテンツも備えており、プロジェクトの立ち上げはハイテク産業の発展を確実に促進できると思います。高新区は、サービス至上の主旨に基づいて、余裕な企業発展の雰囲気を積極的に創造し、全力的にプロジェクトを支援し、積極的に介入し、全力的な協調、努力により、企業の問題、悩みを解除します。 泰興市政府は、相変わらずに中智の発展を全面的に支援し、太陽光発電産業の発展を積極的に推進します。最終に、陳主任は、関連企業が泰興に来て、発展することを歓迎すると述べた。
 
Back