ニュース
ニュースの区分
Loading

太陽光発電は屋根に設置して輻射がありますか

太陽光発電は屋根に設置して輻射がありますか

  太陽光発電の設置が普及し,多くの住民が自宅屋上に太陽光発電所を設置している。携帯電話は輻射があって、コンピュータは輻射があって、wifiも輻射があって、あの屋根の光伏の発電所は輻射があることができ(ありえ)ますか?そしてこの疑問を持って、果たして放射能があるのか?詳しく解説してみましょう。

  太陽光発電光电は半導体の特性を通じて直接に直流に転换できるのは、再を通じてインバータは直流に転換され、私たちの使う交流できる。化学的変化も核反応もなく、太陽光発電は短波放射を起こさない。

  輻射について:輻射の意義は非常に広範で、光は輻射で、電磁波は輻射で、粒子の流れは輻射で、熱も輻射である。つまり私たちは放射線の中にいるのですどんな放射線が人間に有害なのか?一般的に言われている「輻射」とは、人の細胞に有害な輻射のことで、たとえば発癌を引き起こすのは、かなりの確率で遺伝子変異を引き起こす。一般的には、短波放射といくつかの高エネルギー粒子流を含む。

  よくある放射物質と波長の対応関係では、光伏板には果たして放射が発生するのだろうか。インストール発電にとって、太陽光発電セルのメカニズムが完全にはエネルギーの直接の転換、可视光の範囲内でのエネルギー、転換過程では何ら他の産物生成、附帯有害辐射がないので。

  一方,太陽電池インバータは,IGBTやトランジスタがあり,数十kのスイッチング周波数を持つ一般的な電気電子製品であるが,すべてのインバータは金属シールドを持ち,世界的に定められている電磁両立性の認証に適している。

  インストール発電は光を通じて半導体の特性が直接に直流に転换し、再を通じてインバータは直流に転換され、私たちの使う交流できる。その中には化学的変化も核反応もないので太陽光発電では短波放射はありません。一方,太陽電池インバータは,IGBTやトランジスタがあり,数十kのスイッチング周波数を持つ一般的な電気電子製品であるが,すべてのインバータは金属シールドを持ち,世界的に定められている電磁両立性の認証に適している。

  私たちの生活の環境は放射能でいっぱいで、有害なものも無害なものもあります。太陽光発電の設置は安全放射線の範囲内である。だから放射能の心配はしません他の国では、太陽光発電は家庭に必要な設備の一つだからです。

Back