ニュース
ニュースの区分
Loading

京都エネルギーサロンでは,第6期クローズドドア会議を京都で開催した

京都エネルギーサロンでは,第6期クローズドドア会議を京都で開催した

  4月3日、京都エネルギーサロンは北京で第6期閉門会議を開き、会議のテーマは「新しい技術変革をリードするエネルギー体制、メカニズムの調整」であり、中智(泰興)電力科技有限公司の理事長の彭徳香氏は本会議に招待された。
 
  会議の出席者はどのように「適応し、新しい技術の変革をリードするエネルギー体制、メカニズムの調整」について検討し、関連の専門家は新エネルギー発展体制の改革と調整などの議題について交流した。ハイテク、技術革新製品に対する支持力を強化し、低価格、低価格の支持を変え、標準意識を高め、太陽光発電製品業界の標準を確立すべきである。中智(泰興)電力科技有限公司董事長の彭徳香氏は「国家863プロジェクト——高効率異種接合太陽電池の産業化」プロセスを紹介し、中智会社が異種接合電池の生産技術面で得た成果と突破を通知した。現在、中智会社の高効率異質結太陽電池の量産平均効率は22.7%を突破し、単片の最高効率は23.10%に達し、良好率は99.14%以上である。設備と技術の絶えずの改善と向上に伴い、2018年に平均の効率が23%以上の目標を達成することができる。
 
  参加に対する専門家で智会社異質な结太陽電池生産技術的成果に賛辞を送った、と异质な结電池は後にインストール時代の重要な看板商品、信じて異質な结は太陽電池の性能の高い、突破し、インストールする業界の技術革新、産業の構造調整が率いる役割。

55


55

Back